<< はだか踊りの宴会って本当に存在するのかしら・・・ | main | 憎マン・・・ >>

居合いの奥深さ

 
居合いを始めたのは12年前、水鴎流(すいおうりゅう)に入門し、
昨年より新陰流に入門。
その間いろんなブランクはありましたが、
本当に流派によって、教える内容は変わる。
そこがオモシロい。

剣の道を極め、精神がどうのなんて、難しい事はわかりませんが、
分かりやすい事で言えば、
息の根を止める“斬る”なのか、
相手の戦意を失わせる“斬る”なのかの教えの違い。
“殺し”を職業にしていた流粗(戦国武将)たちの考えに考えだした物が、
それぞれの流派の“型”になっている。

そう考えながらひとつひとつひも解いていくと、
極めるのにどれだけの年月が必要なのだろうか・・・
毎日それだけをやっていれば上達も早いだろうけど・・・

まー気長にやっていくのがいいかな・・・
しかし居合いは覚えられるが、剣術の名称がなかなか覚えられないのよね〜



at 19:44, itomitsu, いとうみつるのこと

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://itomitsu.itomitsuru.com/trackback/164