<< 戦いのワンダーランド | main | さあ。ゴングは鳴った! >>

戦いの火ぶたは突然に・・・

 
さて。戦いは始まりました。
そう。この1本の電話から。。。。

だいたいが、朝イチにかかって来る電話は、7割方
問題があってかかってくる電話だと、私の本能が言っている。
きっと先方は、9時という時間をカウントダウンして待っていたのだろう。

この受話器を取った向こうに、どのようなクレームや怒号がまっているのだろう。
いや、もしかしたら、それは思い違いで、大きな取引の電話かもしれない。。。

まーいいだろう。
とってみるとする。。。


at 22:26, itomitsu, あるサラリーマンの場合

-, -, - -