戦いのワンダーランド

 
さて。いよいよ戦闘開始だ。
敵は会社の内外にいる。。。

ふふふ。
まーいいだろう。
さて今日は何から仕留めていくかな。。。
顧客の注文に完璧に応えていくか。
それとも、この部屋の片隅のすだれ満月に
稟議をあげるべく挑んでいくか。。。

at 17:18, itomitsu, あるサラリーマンの場合

-, -, - -

会社というなの戦場

 
さあ。会社だ。
ココにいる人間は敵なのか味方なのか分からない。
信じていれば後方から狙撃される。
疑っていれば阻害される。。。

むしろ取引先相手のほうが、味方の場合があるようにも思える。

まーそんなことは私にとって今更だな。。。
さあ。入ろうか。。。


at 10:21, itomitsu, あるサラリーマンの場合

-, -, - -

期待?夢?


会社に何を期待しているのか、その先に何を見ているのか
正直わからない。
ただ私は、会社に向かって進むだけ。
そしていつものようにあらゆる案件を機械のように
処理していけば良いのだ。ただそれだけ。

at 14:18, itomitsu, あるサラリーマンの場合

-, -, - -

見果てぬ夢に想いを馳せ

 
通勤電車の窓に写り込む自分を、
叶わぬ夢に重ね合わせ
電車の揺れに身を任せる。。。

at 23:20, itomitsu, あるサラリーマンの場合

-, -, - -

あるサラリーマンの場合。

 
徳田新之助といいます。
年齢は45歳。
のり平と暮らしています。
これからちょくちょくこちらでお目にかかる事が
あると思いますが、
よろしくお願いします。


at 00:15, itomitsu, あるサラリーマンの場合

-, -, - -